チエノキ祥知出版
本とワークショップ 知恵の木
・・・・・・・・・・・・・・
祥知出版
 『女性の体の知恵』
 『ふろに入らないほうが
 美肌になる』

 『誕生数占い』
 『作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法』
 自費出版のご案内
・・・・・・・・・・・・・・
プライベートポリシー
・・・・・・・・・・・・・・

『ふろに入らないほうが美肌になる』
「洗わない」スキンケア年代別ガイド


カバー アマゾンへのリンクDLmarketで購入

本書での「美肌」は、バリア機能が発揮されてかゆみなどに悩まされない健康な皮膚です。

それから、「ふろに入らない」「洗わない」スキンケアは、化粧品などを断つ「肌断食」とは観点が異なります。
皮膚をなるべく水で濡らさないようにして、角層と皮脂膜を維持し、本来のバリア機能が発揮できる状態にするスキンケアだからです。
「肌断食みたいな方法で肌を鍛えたらシミやシワが消える」という内容ではありません。

ぜひ一読していただきたいのは、子どもの頃から皮膚にコンプレックスを持ち続けて大人になった方、そして、子育て中で子どもの皮膚について悩んでいる方です。
「物心ついたときから皮膚がカサカサで、大人になった今も皮膚が猛烈にかゆくなったり、手がひどく荒れたりすることがある」
「子どもを皮膚科に受診させているが、なかなか改善しない」
「思春期の子どもが、ニキビや体臭で悩んでいるようだ」
こうした方に、なにげない生活習慣や思い込みによる「入浴」「洗い過ぎ」という原因に気づいていただきたいと考え、本書を製作しました。

「入浴」「洗い過ぎ」は、言葉による刷り込みや、ストレスで引き起こされます。

例えば、皮膚にホコリや泥が付いていたら「肌が汚い」。
そして、皮膚が乾燥してうろこ状にめくれたり、膿でグジュグジュしていたりしても「肌が汚い」。
汚れが付着しているときも、症状が現れているときも「汚い」と表現することが多いのではないでしょうか。

子ども時代にガザガザの皮膚に対して、親が「汚い」と言う。
さらには、片付けられない子どもに対して、親が「部屋が汚いから、肌が汚くなる」などと言う。
親の語彙の少なさや奇妙な結びつけなどによって、子どもはストレスを受けているかもしれません。
また、「汚れは洗えば落ちるから、皮膚の症状も洗えば落ちる」といった観念が生まれる可能性もあるでしょう。

大人になっても症状が治らない場合、子ども時代に刷り込まれた「汚い」という言葉から、皮膚を洗い過ぎてバリア機能を低下させているのかもしれません。
大人になった今だけに注目するのではなく、子ども時代のスキンケアや親の態度も検討することが皮膚の改善につながると思いました。

皮膚の症状は遺伝する素因もあるでしょうが、それがすべてではありません。
スキンケアを見直すことで、皮膚は健康な状態を保てるはずです。

また、子育てする中で子どもの皮膚トラブルで悩んでいる方は、皮膚科に通ったり、情報を集めたり、さまざまな努力をされてきたことでしょう。
本書は、ストレスをテーマに「洗わない」スキンケアの説明をしています。皮膚に対してちょっと違う見方をしていただければと思っています。


世界基準で見れば、日本人はふろに入りすぎかもしれません



皮膚の構造を考えると、水に濡らさないほうがいいでしょう




ストレスが原因で知らぬ間に皮膚を洗ったりかいたりすると、薬を塗っても症状が治りません


子どもの年齢に合わせたポイントを紹介しています。思春期は悩みが深くなる傾向があるので、パート5とパート8で取り上げました。

■目次
パート1 「ふろに入らない」「洗わない」でどうして美肌になるのか
 スキンケアという行動が皮膚を改善させる
 濡れると皮膚はダメージを受ける
 皮膚に棲む細菌が健康を左右する
 ストレスが皮膚を洗う行為を招く
 洗い過ぎをやめてから「薬」をやめよう
  コラム 世界の国々と日本を比較してみよう
  コラム リスクがあることを前提にしてステロイドを使いたい

パート2 基本の「洗わない」スキンケア
 「濡らさない」「こすらない」を心がける
 朝のスキンケア
 昼のスキンケア
 夜のスキンケア
  コラム 洗った回数をメモだけで皮膚の状態が改善する可能性もある
  コラム 粉吹きなどが気になる場合は、少しずつスキンケアを取り入れよう

パート3 赤ちゃんのスキンケア
 元気に遊ばせながら成長を待つ
 ウンチをした後
 皮膚をかき始めたとき
 ふろの入れ方
  コラム 医師は自分との相性で選ぼう

パート4 子どものスキンケア
 前向きな言葉をかけよう
 乾燥肌のスキンケア
 皮膚をかき始めたとき
  コラム 子どもが皮膚をかいている状況をメモしよう

パート5 思春期のスキンケア
 スキンケアを押し付けず、説明する
 ニキビのスキンケア
 体臭に対するスキンケア
  コラム ドクダミの薬効

パート6 大人のスキンケア
 自信がある部分を目立たせる
 乾燥肌・敏感肌のメイク
 ニキビのスキンケア
 手荒れのスキンケア
  コラム ストレスの犯人探しよりも、体を使って解消させることを優先しよう
  コラム 掌蹠膿疱症と手荒れ

パート7 40代後半からのスキンケア
 運動なくして健康なし、健康なくして美肌なし
 歩くときのスキンケアと準備
 かゆみのスキンケア
 陰部のかゆみのスキンケア

パート8 思春期の子どもたちへのメッセージ

版型:ソフトカバー B6
ページ数:144ページ
定価:本体1000円+税
発売日:2016年6月11日
ISBN:978-4-9909011-1-0