知恵の木 
ホーム
・・・・・・・・・・・・・・
プロが教える作文教室
・・・・・・・・・・・・・・
体の知恵ワークショップ
・・・・・・・・・・・・・・
個別セッション
・・・・・・・・・・・・・・
本のプロが厳選
健康書・子育て本リスト
・・・・・・・・・・・・・・
カレンダー
・・・・・・・・・・・・・・
店主のプロフィール
・・・・・・・・・・・・・・

店主ブログ
・・・・・・・・・・・・・・
祥知出版のご案内
・・・・・・・・・・・・・・
プライベートポリシー
・・・・・・・・・・・・・・

男が育休を取ってわかったこと 池田大志 セブン&アイ出版

皮膚科医が指導
赤ちゃんは毎日入浴させない

 タイトルだけ見ると「イクメン」が対象かと思われるかもしれませんが、この本の5章は、子どもや自分自身がアトピー性皮膚炎・乾燥肌・湿疹で悩んでいるお母さんたちに、ぜひ読んでいただきたいと思います。
 池田大志医師は、本を書いた当時、亀田総合病院という日本最大級の私立総合病院の皮膚科に勤務していました。大きな病院なので、他の病院では皮膚の症状が治らなかった患者さんも多数訪れます。こうした患者さんたちに、石けんを使わない・入浴回数を減らすという指導を池田医師は行ってきました。すると大人も子どもも、症状が改善されています。
 池田医師は育休を取って子育てに専念していた時期があり、地域のお母さんたちとも交流しています。その経験が生かされていて、皮膚の構造・機能や、なぜ石けんを使わないほうがいいのかという理由が、この本でとてもわかりやすく解説されています。

 「殺菌」「抗菌」「除菌」好きな日本人。
 テレビCMで盛んに「ばい菌をしっかり落とす」「除菌で清潔」などとうたわれているので、こうした文言が刷り込まれているのかもしれません。
 キッチンでの殺菌は感染症を防ぎますが、私たちの体を殺菌すると病気になってしまいます。皮膚については、バリア機能が低下し、湿疹やかゆみなど、いわゆるアトピー性皮膚炎の症状が引き起こされるのです。
 皮膚科が専門の池田大志医師は、著書『男が育休を取ってわかったこと』(セブン&アイ出版)で、皮膚に棲んでいる細菌のバランスを整えることも重要だと述べています。本著では、「池田流ベビースキンケアのすすめ」として、以下のことが書かれていました。
○池田流ベビースキンケアのすすめ(『男が育休を取ってわかったこと』より抜粋)
「毎日の入浴」を習慣にしないこと
「週2~3回の入浴」がちょうどよい
赤ちゃんの肌に石けんは必要ない
清潔さを保つには「ぬるま湯洗い」で十分
新生児ざ瘡と脂漏性湿疹には適度に石けんを使用してもかまわない
必要以上に石けんを使用すると、肌のバリア機能を損なうので注意が必要
赤ちゃんがお湯につかると乾燥肌になりやすい
お湯につかりたくなる寒い季節でも、つかるのは2~3分まで
赤ちゃんの肌をガーゼタオルで拭いてはいけない
ぬるま湯をかけて流すか、ぬれた手でなでるくらいがちょうどよい
赤ちゃんの胎脂は汚れではない
さまざまな役目をもつ胎脂は洗い流さず、大切に残しておこう
繰り返す湿疹は「洗濯洗剤のすすぎ残し」が原因になりうる
「洗剤なし洗濯」をおすすめする


 上記は赤ちゃんのスキンケアで勧められていることですが、アトピー性皮膚炎や敏感肌などで悩んでいる大人の皮膚についても同様のケアが効果的ではないでしょうか。

細菌は一生をともに過ごす
健康のパートナー

 私たちは、オギャーと産声を上げるよりも前に、母親の産道などで細菌と出会います。その後、消化管や皮膚などに細菌を棲まわせて、一生を共にします。

 細菌が最も多くいるのが腸で、その数は100兆個(生物学者であり、腸内細菌研究の第一人者・ 辨野義己博士が言うには、600兆~1000兆個!)。皮膚の表面については、1兆個いると考えられています。人間の細胞は60兆個。細胞の数よりはるかに多い細菌と協力して、私たちは生きています。
 たくさんの細菌は、互いに勢力争いをしたり、一致団結したりしながら、まるで人間社会のようなネットワークを作っています。こうした細菌の集まりは、「マイクロバイオーム」と呼ばれています。

 皮膚では、表皮ブドウ球菌がいわゆる「善玉菌」、黄色ブドウ球菌が「悪玉菌」とされ、しのぎを削っています。
○表皮ブドウ球菌
表皮ブドウ球菌は皮脂や汗をエサにして、弱酸性の脂肪酸を作り出します。
そして、アルカリ性を好む黄色ブドウ球菌やカビなどの繁殖を防ぎます。
○黄色ブドウ球菌
 皮膚を化膿させたり、悪臭を放つ悪い脂肪酸やアンモニアなどを作ったりするのが、黄色ブドウ球菌です。

 私たちがおふろに入っただけで、表皮ブドウ球菌の90%が洗い流されるといいます。さらに、石けんで体を洗うと、さらなる表皮ブドウ球菌と、表皮ブドウ球菌のエサとなる皮脂膜が失われてしまうのです。

 また、石けんはアルカリ性なので、石けんを使用した後は皮膚が一時的にアルカリ性に傾きます。その結果、黄色ブドウ球菌が繁殖しやすい状態になります。

 皮脂膜とは、皮膚の表面で皮脂と汗が皮膚の表面で混ざり合ってできた、天然のクリームです。皮膚の表面を皮脂膜が覆うことで、病原体の細菌やホコリなどの侵入を止めています。
 加えて、皮膚から水分が蒸発するのを防ぐので、しっとりと滑らかな状態を維持できるのです。
 おふろに入って石けんで顔や体を洗うだけで、天然のクリームである皮脂膜も、健康のパートナーである表皮ブドウ球菌も失っているのです。

 池田医師は、アトピー性皮膚炎の患者が一人もいないチベットと、患者が増え続ける日本とを比較した調査結果を見て、次の仮説にたどり着いたそうです。
「入浴回数が多ければ多いほど、皮膚のバリア機能が低下しやすいのではないか」

石けんで洗うほど
「不潔」になる

 私も2人の子どもがいるので、産院で新生児のスキンケアについて講習を受けました。
「赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、毎日おふろに入れて清潔を保つ。専用のソープを使い、ガーゼでそっとぬぐう。入浴後、乾燥が気になる箇所には保湿剤を塗る」
 これが、多くで行われている講習内容だと思います。

 しかし、池田医師は皮膚科医として、また2児の父として、正反対のスキンケアを勧めています。

 私たちが「清潔」と刷り込まれていることが、実は皮膚の健康を損なわせているわけです。
 ちなみに、我が家の場合、私が子どもたちの体を洗うのに石けんを使ったのは頭部と陰部、足の指の間だけでした。これが、夫のほうは「不潔ではないか……」と受け入れにくかったようです。
 ただ、よく考えてみると、石けんを使うと黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなるとともに、皮膚のバリア機能が落ちて病原体が侵入しやすくなるわけです。
かえって「不潔」な皮膚を招いているのではないでしょうか。

体だけでなく洗濯でも
洗浄剤を使わない

 池田医師の著書で驚いたのは、洗剤を使った洗濯が、湿疹やかゆみの原因になる場合があるということでした。全自動洗濯機で、洗剤を使って洗濯すると、すすぎ残しが生じる可能性があります。衣服に残った洗剤が皮膚を刺激して、トラブルを招くそうです。

 洗濯洗剤を使わないことについては、私も「汚れが取れないのでは?」と刷り込まれていました。池田医師の著書に、洗剤なし洗濯のサイトがあると書かれていたので、早速、検索。私が見つけたサイトでは標準の洗剤量とその半分、水だけ、クエン酸+ペットボトルの4種類で実験を行い、その結果が紹介されていました。結果を見て、「洗剤、いらない……」と思った私。実験をすることのたいせつさを改めて実感しました。襟や袖、調味料などがついた箇所だけ部分的に石けんやセスキ炭酸ソーダで洗えばいいかなと思い、次の洗濯から実行します

 石けんを使わないほうがお金も労力もかかりません。まずは1カ月、試してみてはいかがでしょうか。